モノレートって何⁉

ダウンロード (4)

どうも、こんにちは!ガンちゃんです!

 

Amazonの国内物販の勉強を始めて、1週間が経ちました(^-^)

1日どのくらい勉強をしているかというと、8時間くらいです!

大学の頃に比べれば、めちゃくちゃ多く勉強しています(笑)

ガンちゃんはお金を稼ぐためなら、結構勉強できちゃう派だったみたいです☆

 

 

そんな1日8時間勉強を頑張っているガンちゃんですが、

インターネットで国内物販のことを調べていると、国内物販をしている人が皆使っているサイトがある、ということを知りました。

ん?それ絶対金かかるやつやろ(笑)

FBAに登録してこれから月額4900円払っていくんだから、これ以上出費したくないぞ!

 

とガンちゃんは思いましたが、完全に無料でした!!!

 

 

 

それは、なんというサイトかというと!

 

 

 

 

 

 

『モノレート』というサイトです!

 

 

 

 

 

 

このモノレートというサイトは、Amazonの値段の変動や出品者の数の過去のデータ(3~12か月分)をみることが出来るそうです!

Amazonで物販をしていくには、必須のサイトらしいです

過去の統計から、未来の売上を予測するんですね☆

 

 

あっURLを載せておきますね(笑)

 

https://mnrate.com/

 

 

 

 

 

 

今週は、モノレートについて勉強していたガンちゃんでした(^-^)

そして、ガンちゃんの1週間の調査で、

 

①出品者が多い商品ほど売れにくくなる(ライバルが増えるため)

②ランキングが1位に近い商品ほど売れている(グラフだと下に線があるほどランキングが高くなります)

 

ということがわかりました!!

 

 

 

また、すでに出品者がいる商品の場合は、『商品名』『ASIN』『JANコード』で検索できます!

とても簡単で、これなら初心者の僕でも簡単に検索できます(笑)

とても便利なサイトですね!

 

試しに、近くにあった洗剤のJANコードを入力してみたのですが、普通にデータが書いてありました!

すごいですね(小並感)

 

 

 

 

 

 

出品者がいない商品は、登録とかのやり方も難しそうなので、まずは出品者がいる商品を僕は初心者なので、取り扱っていこうと思います(^-^)

だけど、商品が多すぎて何の商品をどうリサーチすればいいのか、まだ全くわかりません(´;ω;`)

誰か助けてください(笑)

 

ガンちゃんの人脈をフルで活用した結果、1人だけ物販をしている知り合いがいることを思い出しました!

 

 

1人だけ、物販をしている知り合いがいるので、その方に情報を聞きたいと思います…!

初心者は、何のジャンルがいいのかな?そんな疑問を持ち続けて、もやもやした1週間を送っていたガンちゃんでした(笑)

 

 

 

 

 

 

 

最後に、せっかくここまで読んで頂いたので、1週間で得たモノレート用語を勝手に解説したいと思います!

 

 

 

 

 

参考価格…メーカー小売り希望価格(俗にいう定価です)

最安値…Amazonで出品している人の中で1番安く出品している人の値段(そのままですねw)

入金…Amazonの販売価格からFBAの手数料を差し引いた時の金額

出品者数…Amazonの単純な出品者の数(赤い線がプライムの数なので、そこを見ればライバルの数がわかります)

 

 

 

これだけ抑えておけば、あとは入金価格より安い商品であり、出品者が少ない商品をネットで仕入れて売るだけですね!

まあ、それが1番難しいんですけど、、、

 

 

 

 

これからは、入金価格より安いものをひたすらリサーチしていきたいと思います(^-^)

パソコンとにらめっこしながら頑張ります!!

 

 

 

 

 

今日も最後までご購読いただきまして、ありがとうございました☆