FBAの要期限管理商品には注意

41lQl0sYghL._SY355_

どうも、こんにちは!ガンちゃんです!

 

前回は、9月の売上が100万を突破したということをお話させて頂きました!

売上に関して、ガンちゃん順調やん☆と思われたかと思いますが、その裏でこんなトラブルもありました…

 

 

FBAから納品の注意メール

 

 

 

10月1日にFBAに納品した商品について、FBA側からこんな注意のメールが届きました(・□・;)

 

 

2018-10-17_12-36-44_No-00

 

 

 

 

 

んんん?賞味期限(消費期限)が違うとはどういうことだ?

このメールの続きを読むと、賞味期限(消費期限)の入力に誤りがあるとの商品がこのように、4点も書かれていました!

 

 

S__193798146

 

 

 

 

いやっ、いくらケアレスミスをしやすいガンちゃんでも4個もミスるはずないよ!

何かの間違えやろ!って思いました(笑)

 

 

 

 

 

 

すると、その下にこのように書かれていました。

2018-10-17_12-53-22_No-00

 

 

 

 

 

こんなこと全く知らなかった(・□・;)

僕は、賞味期限(消費期限)月までしか書いていない商品は、その月の最初の日を入力すれば良いのかと思っていました、、、

そのため、何の迷いもなく月初めの日付を入力していました!

 

 

 

 

 

しかし、FBAでは賞味期限(消費期限)が月までしか印字されていない商品は、その月の末日を入力しなければいけないようです…

 

 

 

 

今後もミスをしたら、『購入者の安全にも関わることから、FBAでの期限管理商品の取り扱いを禁止させていただくことがあります』

とも書かれていました…

 

 

それは困る!!

 

 

 

次から絶対気を付けますから許してください!神様、仏様、Amazon様と思いました(笑)

消耗品しかまだ手を付けてないガンちゃんが、要期限管理商品を販売できなくなったら生活できなくなってしまうので…

 

 

 

 

 

 

そして、FBAからメールで送られてきた、要期限管理商品のマニュアルをじっくり読みました。

 

 

 

その要期限管理商品のマニュアルは、こちらになります!

 

https://s3.amazonaws.com/JP_AM/doc/FBA/DatelotManual.pdf

 

 

 

 

このマニュアルを読んでガンちゃんは、今後どのように賞味期限と戦っていくのかを!

体験を交えながら、お話するので良かったら聞いてください☆

 

 

 

 

ガンちゃんが身に着けた知識(要期限管理商品の賞味期限について)

 

 

 

 

1、消費期限までの期間が45日以下となった在庫は自動的に「廃棄」されてしまう!

 

消費期限までの残り日数が45日になった在庫は自動的に販売不可ならびに廃棄となり、 期限切れになった商品の返送は出来ないみたいです。

さらに、廃棄手数料は出品者に請求されるようです。

手数料は、商品1つ当たり、標準サイズ10円大型サイズ21円かかってしまいます。

 

また、フルフィルメントセンターで商品を受領する時点で、消費期限が60日以上残っていなければ、販売できません。

 

楽天で仕入れをする際には、納品の準備やFBAに商品が到着するまでの期間を考えて、90日以上残っている商品を買うのが、ガンちゃん的にはオススメです!

商品を買ってみなければ消費期限がわからない場合も多いですが、買ってしまってから消費期限が短いことに気づいたら、返品した方が良いと思います。

 

 

返品する際の送料は、自己負担になると思いますが、廃棄されてしまって仕入れ価格全て損するよりは、マシです…

 

 

 

 

 

2、外から消費期限を確認できない商品は、出品者が消費期限を印字しなければならない

 

消費期限を印字する際の条件は、次にようになっています。

・色: 背景の色と対照的な色とし、容易に判読しやすいものとする。

・フォントサイズ: 日本工業規格Z8305(1962)に規定する8ポイントの活字以上

油性スタンプやラベルシール印刷などを利用

・簡単に消えない・かすれないインクを使用する。

・表記形式は、「年月日(YYYYMMDD)」もしくは、「年月(YYYYMM)」のみ

 

 

 

手書きとか、ただ紙に印刷して、のりで張るだけじゃダメなんですね…

これは、結構手間がかかってしまいます!

 

 

ガンちゃんはしょうがないので、シール台紙を買ってきて印字することにしました…

 

ちなみにガンちゃんは、このルールを知らずに、納品してしまったものがあったので、Amazonから受け取りを拒否されて1つの段ボールが手元に送り返されてしまいました…

そのため、送料を二重に払うことになり悲しかったです(´;ω;`)

皆さんは、しっかりと消費期限を印字するようにしましょう!

 

ちなみに、ガンちゃんが今まで納品した中で印字が必要だった商品は、30種類に1つくらいの割合でありました!

なので、そんなに多くはありません!!

 

 

 

 

3、消費期限の印字がない食品は、FBA 納品の前に、申請して許可を取らなければなければならない

 

ガンちゃんが今まで仕入れた商品には、期限が印字されてないものは、1つもありませんでした!

万が一仕入れをしてしまった場合は、先ほどご紹介しました、マニュアルの16ページに申請方法があるので、そちらを参考にしてみてください。

 

 

4、ガンちゃんがマニュアルを読んで避けようと思ったもの

 

アルコール類…マニュアルの17ページ以降にルールが記載されていますが、初心者のガンちゃんには難しそうなので、お酒の仕入れはやめて置きます、、、

酒税なども絡んできて、社会経験のないガンちゃんは怖いので手は付けません(笑)

また、酒類は割れ物が多そうなので、梱包や出品作業がめんどくさそうなのも、手を付けない理由の1つです!

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?

要期限商品は覚えることが多くて、正直大変でした…

しかし、食品は毎日食べるので、一番消耗しやすいもの。

つまり、回転がよくすぐに売れていきます!

 

 

まだよくわかってないルールもいっぱいあると思いますが、1つ1つ理解できるようにガンちゃんは、前進していけたらと思います!

 

 

今日もご購読頂きまして、ありがとうございました☆