【Amazon医療機器出品】商品削除のお知らせが来ました…

SnapCrab_NoName_2019-1-10_16-47-25_No-00

どうも、こんにちは!ガンちゃんです!

 

最近Amazonのルールを段々覚えてきたガンちゃんですが、久しぶりに失敗してしまいました…

新年早々Amazonからメールが来て、とてもびっくりしました(;^ω^)

 

商品削除のお知らせ

 

SnapCrab_NoName_2019-1-10_16-47-25_No-00

 

なんと、今まで出品出来ていた商品が、削除されてしまったのです!

Amazonでは、医療機器に該当する可能性がある商品は、法令上必要な承認・認証がなければ販売できないようです。

それなら承認を得ようかなと思ったのですが、この商品メディカードは、ググってみても製造元が不明でした…

例え製造元がわかったとしても、医療機器に該当するかしないかの文章をくださいといってもくれる可能性は低いですよね…

 

SnapCrab_NoName_2019-1-10_16-58-33_No-00

 

素人目には、医療機器にはあまり見えませんけど(笑)

しかし、医療機器となると、やはり人々の命や健康に関わってくるので、販売に慎重になってくるのは当たり前ですよね。

ちなみに、僕以外の出品者の方もいなくなって、こちらの商品のページ自体が抹消されていました…

 

この商品をどうするか

 

薬機法の細かい法律があるかもしれないので、そこを勉強しようかとも悩みました。

しかし、この商品の単価は、990円で今回は在庫が4個残っていました。

ということは、合計で3960円分の商品が販売不可になったということです…

3960円のために、製造元に問い合わせりするのは少し手間が多きすぎます。

 

ということで諦めて、メルカリかヤフオクに出品することにしました!

メルカリやAmazonは、出品についてあまり制限がないので、心配なく出品できると思います(^-^)

 

例え、Amazonで販売できなくても、違う通販サイトで売れるというのが、物販ビジネスが固いといわれる理由ですよね!

3960円分の商品が、Amazonで販売できなくても、他のサイトで販売すれば0になることはないので☆

また、楽天ポイントが入っているので20%はもう素が取れているわけです。

ということは、違うサイトでAmazonの20%OFFの値段で、販売したとしてもマイナスにはならないんです!

 

まとめ

 

これから、物販ビジネスを続けていくにあたって、医療機器は取り扱わないようにしていきたいです!

Amazonで販売できなくなるだけではなく、知らず知らずのうちに、薬機法などの法律を違反していたら嫌ですからね。

皆さんも、薬機法に詳しくない限りは、医療機器をAmazonで販売するのは、なるべく避けた方がいいかもしれません。

ガンちゃんもこれからリサーチする際には、医療機器はリサーチの対象から外したいと思います!

 

今日もご購読して頂きまして、ありがとうございました☆